信頼の施工品質

大切な家族を守る、地震に強い家。かなえるのは、テクノストラクチャー工法です。

生産体制

生産体制

テクノストラクチャー工法の主要部材となるテクノビームは、充分に乾燥させた集成材と鉄骨を一体に接合した部材。

自動躯体設計システムの構造計算に基づき、邸別の工場生産体制の下、加工・品質管理されますので、常に安定した高品質の部材をご提供することができます。

先頭に戻る

施工品質

認定証

信頼の施工体制を追及

テクノストラクチャーは施工品質を特に重要視しています。
どんなに強い家も、確かな施工があって初めて実現するものだからです。

施工認定店制度による「選ばれた施工会社体制」

テクノストラクチャーの住宅を建設できるのは、所定の研修を修了した地域のハウスビルダーです。
認定を受けた施工管理者が現場を管理し、地元に密着した顔の見える責任施工で、安心をお届けします。

施工現場における自社チェック+専門家チェック

テクノストラクチャーの建設現場には、自社検査と複数の専門家による現場チェックを義務づけています。

先頭に戻る

住宅性能保証制度

住宅瑕疵担保責任履行のための資力確保の義務付け

パナソニックでは、テクノストラクチャー施工認定店に対し、住宅瑕疵担保責任を履行するための資力確保(供託や保険による)を施工認定店に対し義務付けています。

これにより、新築住宅工事が完成し、引渡しを受けた後10年間、主要構造部および雨水防水部分に瑕疵(欠陥)が生じた場合でも、住宅購入者は補修や損害賠償等を受けることができます。