地震に強い

長く、安心して暮らせる真の「強い家」はどこにあるのだろう。

1.構造部材

オリジナル構造部材や高水準な基礎使用で実現する耐震性と耐久性の秘密

テクノビーム(梁)~木と鉄の複合梁~

テクノビーム(梁)~木と鉄の複合梁~

軽量鉄骨のH形鋼を芯材に、上下を編集材で挟んだサンドイッチ構造。

長年にわたって荷重がかかっても、たわみの進行はほとんどなく、強靭な躯体を維持します。


ドリフトピン接合~柱と梁・土台を接合~

大きな力のかかる柱接合部には、一般的な接合の3倍の力に耐えるドリフトピン接合を採用。
ほぞ加工を施す必要がないので、最低限の断面欠損で高強度な接合を実現します。

テクノ接合金具~住宅の接合部を強化~

テクノ接合金具~住宅の接合部を強化~

梁、筋交い、垂木等の接合部に使用して、構造体をがっちり緊結。

住まい全体は強力に一体化し、地震に強い頑丈な構造体を作ります。


集成材柱~優れた強度と耐久性~

集成材柱~優れた強度と耐久性~

同寸法のムク材の約1.5倍の優れた強度を誇る集成材柱は、自然素材でありながら、工場生産による均一の高品質を表現します。

※1 集成材:平成13年国土交通省告示第1024号に定める強度等級E95-F315集成材。
※2 ムク材:平成12年建設省告示第1452号に定める「すぎ」無等級材。


テクノ束~住まいの足元をしっかり支える~

テクノ束~住まいの足元をしっかり支える

床下で住宅全体を支える床束(ゆかづか)に、鋼製の「テクノ束」を採用。

さびにくい特殊メッキで、湿気や白アリにも強く、抜群の強度と耐久性を発揮します。


基礎使用~地盤に合わせて設計~

基礎使用~地盤に合わせて設計~

地盤調査結果に基づいて設計。基礎の高さは、フラット35の基準値を超える400mm以上で、スラブの厚さも150mmと耐久性タイプの基準をも上回る強固な構造です。

※地域、敷地条件により仕様が異なります。
※数値はベタ基礎の場合です。

先頭に戻る

2.構造計算

テクノストラクチャーでは、すべての家で災害を想定した耐震チェック(構造計算)を311項目に渡って行っております。

テクノストラクチャーならではの、構造計算システム「自動躯体設計システム」では、設計段階のあなたの家の強度を、大きな地震を想定して徹底チェック。

地震に強い家になるまで、プロの目で一棟一棟確認して、 すべて合格したものがテクノストラクチャーの家となります。それを証明する「住まいの診断書」もお渡ししています。

構造計算

先頭に戻る

3.耐震実験

耐震実験

阪神大震災と同等の深度7の激震にも耐えうる高い耐震性が実証されています。

テクノストラクチャーで実際に建てた家を振動台にかける実験で、震度7でも構造体の損傷・変形はなく、5回の激震にも十分耐える構造強度であることが確認されました。

PHOTO

テクノ課 | チーフアドバイザー 山田 智敬

「地震に強い」、言葉にすることは簡単ですが、それを実現する技術であるかどうか、それがお客様だけでなく、プロにとっても客観的にわかりやすいかどうかがその技術が本物かどうかを見極めるポイントです。 私たちのお薦めする「テクノストラクチャー」はまさに本物であるとわかりやすい技術、工法なのです。設計段階での様々なデータはもちろん、その現場を見ていただくことがお客様にもご理解いただける最大の場所であると思います。是非、私たちの現場を見てその確かさを体感頂きたいと思います。

スタッフ紹介へ